NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.05.17

未来へつなぐ「集」コンサート 桃生中総合文化部、大阪に招待

迫力ある演奏が響き渡ったコンサート。桃生中生徒は客席通路に並び合唱を披露した

 東日本大震災復興チャリティーコンサート「未来へつなぐ『集』コンサート2016」が8日、大阪市北区のザ・シンフォニーホールで開かれた。

 石巻市桃生中総合文化部の33人も参加し、2時間半にわたるコンサートを盛り上げた。

 震災からの心の復興・心の支援を目指し、「人と人をつなぐコンサート」で子どもたちに勇気を与えようと関西の音楽家らでつくるグループ「集」が企画。震災の年から毎年開催し、今回で6回目。

 コンサートは第1部と第2部の構成。オーケストラや合唱団が、クラシックを中心とした楽曲で観客を魅了した。桃生中は合唱2曲と演奏2曲を精いっぱい披露し、会場から大きな拍手が送られた。

 コンサートを終え、桃生中総合文化部部長3年佐藤愛音(あやね)さん(14)は「今回、コンサートが実現できてよかった。前日の合同練習も含めて特別な経験ができたと思う」と語った。

 「集」は昨年5月、石巻市河北総合センター(ビッグバン)で、チャリティー演奏会を開催。これに参加した桃生中総合文化部は、チャリティー活動を展開する大阪在住の指揮者井村誠貴さんと交流が生まれ、今回招かれた。

 コンサートでは指揮に井村さんのほか石巻市出身の佐々木克仁さんを迎え、管弦楽団や合唱団、大阪市の中学校2校の吹奏楽部など約400人が義援金5000円をそれぞれ納めて参加。チケット代や会場で呼び掛けた募金、缶バッジの売り上げなど義援金は約387万円に上った。

 これらの善意は石巻市のほか、熊本地震で被災した熊本市に送られる。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る