NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.03.16

女川温泉ゆぽっぽ、利用客5万人突破 22日に1周年イベント

5万人目の利用者となった青池さん(左から2人目)ら

 女川町のJR女川駅と併設する町営「女川温泉ゆぽっぽ」の利用客が12日、5万人を突破した。オープンは昨年3月22日。町が設けた年間5万人の目標を狙い通りに達成した。

 5万人目は、塩釜市清水沢の主婦青池節子さん(73)。友人と3人でJR石巻線を利用して訪れた。町を訪れるのは東日本大震災後、初めてという。

 須田善明町長らから来館証明書やゆぽっぽのオリジナルグッズが入った記念品などが贈られた。須田町長は「初年度に目標を達成することができてほっとした。温泉を気に入って、女川にまた来てほしい」と話した。

 青池さんは「まさか5万人目になるとはびっくり。町の風景が変わっていることに驚いた。被災した皆さんが元気を取り戻してくれたらうれしい」と語った。

 ゆぽっぽは再建後も、震災前とほぼ同じ利用者数で推移している。観光客が6割ほど占める。

 22日は先着100人の利用者に紅白の餅を配って、オープン1年を祝う。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る