NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.01.26

漫画バス、運行開始 「孤独のグルメ」で誘客図る 仙台石巻線

漫画と写真で石巻をPRするラッピングバス

 月刊誌「PANJA」で人気を博した漫画「孤独のグルメ」と、石巻の食材や観光施設などの写真を組み合わせたラッピングバス2台が26日、運行を始める。ミヤコーバスが仙台−石巻の高速バスで、1日計4往復させる。

 孤独のグルメは、独りで食事と向き合う主人公の姿を描いた漫画。連載後にテレビドラマ化された。原作者の久住昌之さんが、東日本大震災の復興支援のため石巻市に何度か訪れたことが縁で、市がラッピングバス事業を展開する。

 1台目のバスは、食をテーマにしており、金華寿司(すし)や笹かまぼこ、サバだしラーメンなどの写真を張った。2台目は、観光施設とイベントがテーマで、石巻川開き祭りや石ノ森萬画館をPR素材として扱った。

 2台とも、「俺は石巻やきそばを食いたいだけなんだ」「おみやげ ロマン海遊で買えるな」などと、漫画の中で主人公が話す「石巻版」のせりふが取り上げられているのが特徴だ。

 ラッピングバスは、国の地方創生事業を活用して実施し、2019年1月末まで運行する予定。市観光課は「漫画と石巻の食などをPRすることで、石巻への誘客の向上に努めたい」と話している。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る