NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015.05.23

仙石線全線再開で、ミヤコー高速バス減便7本 30日から

便数が2割減になるミヤコーの高速バス

 30日のJR仙石線全線運行再開に合わせ、ミヤコーバス(仙台市)は三陸自動車道を経由する高速バス「石巻−仙台線」のダイヤを一部改正する。

 平日は1日36往復から29往復、土日祝日は34往復から27往復になり、それぞれ現行より7本減る。通勤通学時の運行間隔は維持し、日中の時間帯で調整した。女川駅前停留所が新設される。運賃は変わらない。

 同路線の高速バスは東日本大震災後、仙台と石巻をつなぐ公共交通の一つとして通勤通学や通院など、市民生活を支えてきた。2011年3月から道路の復旧状況などを見据えながら徐々に増便。13年4月に現行の体制になった。

 ミヤコーバス石巻営業所によると、1日の利用者は往復で約2000人。「座って行ける」「県庁前でも降りられる」などの利点があり、喜ばれていた。

 減便は、仙石線の全線再開後について利用者を対象にアンケートを実施した上で決めた。今後も利用状況や道路環境の変化を見ながらダイヤ改正を検討していくという。

 石巻駅発着の路線バスについても鉄道との接続、乗り継ぎに配慮したダイヤ改正を30日付で実施する。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る