NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015.02.14

出会い大切に 大分市議・エイジさん、卒業前の児童励ます 開北小

児童たちに政治の仕組みなどを説明するスカルリーパーエイジさん=開北小

 プロレスラーで大分市議を務めるスカルリーパーエイジさん(46)が10日、石巻市開北小(梶谷美智子校長、児童391人)で、政治の仕組みや市議の仕事について講話した。

 同校訪問は2013年8月に続き2回目。エイジさんは「(また来るという)約束を果たしに来ました」と、集まった6年生75人にあいさつ。大分市の名物や観光名所などを紹介しながら話を進めた。

 「選挙で選ばれた議員の仕事は市民の代表として税金の使い方をチェックするなど非常に大事」と説明。選挙は権利とも述べ、「良い学校にしたいなら、中学校に入ったら生徒会の選挙などでしっかりした人を選ぶこと」とアドバイスした。

 一期一会の言葉を引用しながら「日本の人口(1億3000万人)から確率を考えると人との出会いは貴重だ。出会いは大事にしましょう」と強調。これから中学校に進む児童たちに「新たな目標を持って頑張ってください」とエールを送った。

 この後、6年生と給食を一緒に味わい、4年生や特別支援学級の児童とも交流を深めた。

 エイジさんは東日本大震災で東松島市、南三陸町などを訪れ、支援活動を展開している。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る