NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.08.23

記憶伝えるリーフレット発行 震災伝承施設を紹介 みらいサポート石巻

震災伝承施設や語り部プログラムなど、さまざまな情報を取り入れたリーフレット

 一般社団法人「みらいサポート石巻」(大丸英則代表理事)は、石巻市内の東日本大震災伝承施設や語り部プログラムを紹介するリーフレット「記憶をめぐる 伝えつなぐ 3.11」を作成した市内外の22カ所に設置し、震災の記憶を伝える手段として活用を呼び掛けている。

 リーフレットはA4判で三つ折り型。JR石巻駅前から門脇町、南浜町、石巻魚市場近辺にかけての地図上に、被災状況や津波浸水高、地盤沈下量を記載しているほか、石巻で実施されている語り部プログラムや震災伝承関連施設なども盛り込んでいる。

 1万部作成し、市外、県外からの来訪者が手に取りやすいよう、石巻駅や石ノ森萬画館、ロマン海遊21、県庁など多くの施設に設置している。

 みらいサポート石巻は「石巻に来られる方の一つのツールとして利用してもらえたらと思う」と話している。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る