NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.28

「あゆみの箱」義援金届ける さをり事業拠点移転に活用 石巻

熊井施設長(左)らに寄付金を贈る天地専務(右)=地域活動支援センターこころ・さをり

 石巻市のNPO法人輝くなかまチャレンジドが運営する地域活動支援センターこころ・さをり(石巻市蛇田新金沼、熊井睦子施設長)に26日、公益社団法人あゆみの箱(久保明会長)から義援金として61万6790円が届けられた。

 障害児福祉を中心に社会福祉事業を展開するあゆみの箱は、東日本大震災後、被災地にある300以上の福祉団体、施設にアンケートを実施しながら支援を続けている。

 この日は専務の天地総子さんらが、石巻市蛇田の仮設団地にあるセンターを訪問し、熊井施設長と利用者代表の女性に手渡した。

 同センターは、さをり織り製品の製造、販売を通した障害者の社会参加事業を展開している。熊井施設長は「大変ありがたい。新年度、中浦地区に事業拠点を移すのでその資金に充てたい」と感謝している。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る