NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.25

復興の森でリフレッシュ 乗馬体験や散策を楽しむ 東松島・野蒜

乗馬体験を楽しむ参加者=東松島市野蒜地区

 自然と触れ合う活動を通した健康づくりを目指すイベント「ここから(心・体)一歩」が23日、東松島市の野蒜復興の森などであった。

 復興庁の「新しい東北」先導モデル事業の一環で、医療法人社団KNI「北原ライフサポートクリニック東松島」が、森での活動や自然との関わりの中で心身ともにリフレッシュしてもらおうと企画した。市民や関係者など約20人が参加し、乗馬や馬が引くシートに乗る体験で馬と触れ合うなど楽しい一日を過ごした。

 野蒜復興の森の散策では、森を整備する一般財団法人「C・W・ニコル・アファンの森財団」スタッフが、生息する植物の特徴などを解説。枯れ木などを切って通り道を整備する作業も行った。

 参加した東松島市新東名の無職佐藤洋一さん(78)は「草木について勉強になり、散策は思ったより楽にできた。機会があればまた参加したい」と話した。

 北原ライフサポートクリニック東松島の浜崎千賀さん(34)は「自然の中にいるだけでもストレスケアにつながる。病院での対症療法だけでなく、免疫力向上と体づくりにつなげてもらえるよう、地元の方を対象に活動を継続したい」と語った。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る