NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.22

被災地の子育て支援推進 石巻・ボンボンカフェ、復興応援特別賞を受賞

震災復興応援特別賞を受賞したボンボンカフェプロジェクトチーム

 石巻市の子育て支援グループなど約20団体でつくる「ボンボンカフェプロジェクトチーム」(荒木裕美代表)が、「第7回未来を強くする子育てプロジェクト」震災復興応援特別賞を受賞した。

 住友生命が子育て支援活動に熱心に取り組む個人や団体を表彰し、応援している。都内のホテルで先日表彰式があり、復興応援特別賞は4団体が表彰された。プロジェクトチームの荒木代表と高橋有香里さん(支援者の寺子屋実行委員会代表)が出席し、表彰状と副賞を受け取った。

 プロジェクトチームは「NPOベビースマイル石巻」や「子どものための石巻市民会議」、医療機関などが集まり2011年11月に活動を開始。子どもを持つ親、医師、助産師、子育て関係の専門家、行政の担当者らが協力してさまざまなプロジェクトを企画・運営している。

 被災地の現状と子育ての両方を知るメンバーが集まっているだけに意思決定のスピードは速い。結束の固さとフットワークの軽さを強みに、妊娠期から切れ目ない子育て支援の充実を推進していることなどが認められた。

 プロジェクトの一つにコミュニティーカフェがあり、多くの親子が集い情報交換するなどしている。地域のニーズをよく知るお母さんたちが編集スタッフとなり、出産と子育てに関する「リソースマップ」の作成、配布も行っている。

 荒木代表は「被災地の子育て支援のニーズは刻々と変化している。子育てへの熱い気持ちで結ばれたつながりを継続し、お産と子育てに強い町づくりを目指していきたい」と話している。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る