EVENT イベント情報

石巻かほく復興写真展〜復興の歩みを見つめて 東日本大震災で被災した石巻地方で、地域の再生を目指す人々の姿や街の様子を伝える

第3回 石巻かほく復興写真展

趣旨

 2011年3月11日に発生した東日本大震災は、宮城県石巻地方(石巻市、東松島市、女川町)にも未曽有の被害をもたらしました。

 石巻地方をエリアに朝刊「石巻かほく」を発行する三陸河北新報社(石巻市)は、震災以降、石巻地方で復旧・復興に取り組む人々の姿や、復旧・復興をうかがわせる景観をとらえた写真を見ていただくことで、被災地の方々に、将来への希望を見出せるようにと、公募による「東日本大震災 石巻かほく復興写真展」を実施しております。

 テーマは「復興の歩みを見つめて」。第1回は430点、第2回は600点以上の写真が寄せられました。その中から各回、入賞18点、入選60点を選び、全国各地で巡回展を行っております。

2014年 展示会
1/12〜19 かほくホール
(午前10時〜午後6時)
1/29〜2/2 東松島市蔵しっくパーク
(午前10時〜午後5時)
2/19〜24 イトーヨーカドー石巻あけぼの店
(午前9時半〜午後9時)
3/3〜12 NTT東日本仙台青葉通ビル
(午前9時30分〜午後5時30分)
3/11〜20 東松島市図書館
(午前10時〜午後6時、土日は午後5時まで)
3/18〜23 仙台・東北電力グリーンプラザ
(10時〜午後6時、最終日は午後4時まで)
※東北電力主催
4/4〜8 イオンモール石巻
(午前9時〜午後9時、最終日は午後3時まで)
6/7〜15 横浜みなと博物館
(午前10時〜午後5時、6/9は休館)
帆船日本丸・横浜みなと博物館主催
6/23〜28 東京都多摩市関戸公民館ギャラリー
(午前10時〜午後4時、初日は午後2時開始)
TAMA女と男がともに生きるフェスティバル2014実行委員会主催

概要
募集期間 2013年9月2日(月)〜11月22日(金)※必着
撮影地 石巻市、東松島市、女川町
撮影期間 2011年3月11日の東日本大震災以降に撮影した作品
募集概要・部門 【人物】 復興に取り組む人々の姿や見る人に希望を与える笑顔など
【景観】 復旧した景観や施設、新たに誕生した復興に結びつく施設の様子など
【中学生以下】 人物、景観を問わず、中学生以下の子どもたちの作品
審査員 高砂 淳二氏(写真家)
森 まゆみ氏(作家)
毛馬内 和夫氏(元 河北新報社写真部長)
審査結果・表彰 平成26年1月1日(水)付「石巻かほく」紙上および三陸河北新報社ホームページにて発表。 入賞者には後日、連絡いたします。
主催 三陸河北新報社
協賛各社 特別
協賛
東北電力、日本製紙、NTT東日本宮城支店、キヤノンマーケティングジャパン
協賛 白謙蒲鉾店、墨廼江酒造、砂長寿味噌本舗、政、平孝酒造、マルキン
(50音順)
後援 河北新報社、石巻市、東松島市、女川町、石巻市教育委員会、東松島市教育委員会、女川町教育委員会、TBC東北放送、ラジオ石巻
審査員総評
写真家・高砂 淳二さん
 震災から3年近くもたち、目に見えて復興というものは少なくなったでしょうから、復興をテーマにした写真を撮ること自体が難しかったと思います。内面的な復興が反映されているような写真もあり、いろいろ考えさせられました。岸壁で釣りをしている光景などは、写真説明を読み、やっと海に近づくことができた心象を表しているんだ、と妙に感心しました。
作家・森 まゆみさん
 当初の石巻かほく写真展と随分と趣が変わりました。悲しみや怒りを表現した作品がなくなり、前向きな写真が多くなりました。復興はまだまだ先なのでしょうが、復興が少しずつ進む周囲、社会とつながろうという感じのする写真が多く見受けられました。元の仕事に戻ったのでしょうか、生き生きと仕事をしているような作品に心が引かれました。
元 河北新報社写真部長・毛馬内 和夫さん
 震災から3年近くもたったというのに、被災地を見ると、復興はまだまだというのが実感です。でも、石巻かほく復興写真展に寄せられた写真は明るい感じの写真が多く、ちょっと驚かされました。復興に向けて希望を感じさせるような作品もたくさんありました。明るさがにじむように工夫をしているのでしょう。そんな撮り方の作品も多く見られました。
応募方法
応募規定
(1) アマチュアの未発表作品で2011年3月11日の東日本大震災発生以降に石巻市、東松島市、女川町内で撮影したもの
(2) 白黒またはカラー、2L判のプリントで提出。インクジェットプリント可。デジタルカメラでの撮影作品も可。組み写真不可。各部門1人5点以内
(3) 出品無料
(4) 応募票に必要事項を記入し、作品裏に貼付
(5) 入賞・入選作品の著作権は主催者に帰属する
応募
応募票 こちらをクリックして応募票(PDFファイル)をダウンロードしてください。PDFファイル
※応募を締め切りました。
応募先 〒986−0827 石巻市千石町4の42 三陸河北新報社事業部「復興写真展」係
(電話:0225-96-0321)
◇特選:石巻かほく賞(賞金10万円と副賞)/全部門の中からもっとも優れた作品1点
◇特選:特別協賛各社賞(賞金5万円と副賞)/計4点
 ※ただし、中学生以下の部門はキヤノンデジタル一眼レフカメラ
◇準特選・自治体首長および教育長賞(地場産品)/各部門2点、計6点
◇佳作・協賛各社賞(協賛各社の賞品)/各部門2点、計6点
◇入選/全部門で合計60点程度

スポンサーリンク

ページの先頭に戻る