市議会の正副議長さん

石巻市議会議員の選挙が終わり、新しい議長・副議長さんが決まったようです。市議会の議長は任期4年ですが、石巻市議会の慣例で2年で退任し交代するそうです。昔はずっと議長をやっていた方がいたような気がします。議長=○○三治さんと言うイメージを持っていた人も結構いたのではないでしょうか。もちろん、そう思うのは、ある年代の人に限られるとは思います。慣例で変わるということは、市政の偏りを防ぐためなのでしょうか。それとも、特定の人が続けるより、皆さんに経験を積んでもらうということなのでしょうか。または「なすてあいづばりずっとやってんのや~。」「名誉なごどだす、給料もおおぐもらうんだがらや~。あいづばりやんのずるいべや。」と言う気持ちもあるのでしょうか。ちょっと斜めに見すぎでしたらスミマセン。市議会の正副議長さんには見識があって、リーダーシップを備えた方に任期を全うして務めて頂くのも良いのではと思います。

*宮城1951からの写真です。住吉公園の小島の上流側です。松の木の向こう側に巻石があります。

*上の写真のところの現在です。

*同じく宮城1951の写真です。今のアイトピア商店街です。当時は大町銀座です。

*上の写真の場所の現在です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)