石巻の名前と巻石

自宅が住吉公園の近くなので時々行ってみます。震災後は地盤沈下で川岸に1mほどのコンクリート塀(堤防?)が出来ているので巻石のある小島(小さい頃は、おしまっこ、と言っていました)に渡れなくなっています。堤防を乗り越えれば別です。ちょっと前のことですが年配のご夫婦がウロウロしていたので声をかけると、巻石は何処にあるのでしょう?とのことでしたので、その小島の枯れた松がある向こう側です。大小二つあって男岩、女岩とも言っていました。今は地盤沈下で男岩が干潮の時に顔を出すだけです、と伝えました。石巻の名前の一つの元になっているものですから由来の看板くらいあっても良いのではと思いました。石巻に地名の由来は、巻石と昔の地名「伊寺(伊治)の水門=いしのみなと」からと言う説などいくつかあるようです。もっとも巻石は石巻(狭義)ではなく住吉にあるので地名の語源というには微妙です。因みに門脇と言う地名は水門(みなと・河口)の脇だから門脇と言うことなのだそうです。

*住吉公園の小島です。荒れ果てています。

 

 

*巻石です。

*小島にわたる橋は堤防?で遮られて(本当は)立ち入りできません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)