モリ・カケ問題からいろいろ考える

森友学園問題で財務省の文書改竄があったとか加計学園でも忖度があったとかマスコミが賑やかです。直接働きかけが無くても、ちゃんと忖度してくれるとは裏を返せば気が利いているということなのでしょうか。テレビ番組でコメンテーターがいろいろなことを話していますが、聞いていると東京などの都会と石巻あたりでは別の国のような気がしてきます。土地の値段(貨幣価値?)はもちろんですが、当然だとして話されている話の前提がちょっと違うと感じることが結構あるのです。そう言えば前回の選挙での希望の党の小池代表の話もこっち(地方)では事情が違うんじゃないの?と思われることが多かったような気がします。文科省が前川前次官の講演に政治家から言われて問合せを入れたとかの話も、政治家も役人もヒマだからそんなことをしているように思えてきます。政治は東京で行われていて地方の生活から少し離れた世界の出来事で、こっちは関係ないではどっちも困るのですが。

*立町の商工会議所会館が解体されました。

*解体される前はこうでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)