2月18日は方言の日

2月18日は方言の日だそうです。調べてみると鹿児島県の大島地区文化協会連絡協議会が、近年、衰退しつつある奄美方言を保存・伝承して行くことを目的に制定した、とありました。このブログでも石巻語として取り上げていますが、方言がだんだん薄れてきていることを感じます。私自身、若い頃は東京で石巻の言葉を使うのが恥ずかしく、必死に標準語に近い言葉で話そうとしていました。ある程度年齢を重ねて初めて地方言葉の味わいがわかる様になってきました。大阪、広島、佐賀などが出身の友人は方言をあまり直さずに話していたように感じます。自分は東北弁はズーズー弁と称して笑われると思っていたのです。今思えば、もっと自分の故郷を言葉も含めて自信を持てばよかったと、自分の勇気のなさを感じます。もっとも言葉は意志が通じなければ役目を果たせませんから、その辺のさじ加減が重要にはなるのでしょう。言葉も含めて食べ物などの生活文化、お正月のしきたりなどの地方文化は、現代において生活する上で、支障が無い範囲で大事にしたいものです。

*ラジオ石巻の日和山にある送信所のアンテナを交換しました。この写真の腕がついている上の部分を腐食したので撤去しました。

*風が強かったのですが撤去した部分にポールを立ててアンテナを設置しなおしました。

*これで完成です。今までより5mほど上にあげたので、少しでも送信状態が良くなればと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)