明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。もう元旦から一週間が過ぎました。石巻(旧石巻市の一部地域)ではお正月は七日間で終わり、どんと祭が一月七日に行われます。これは昭和初めの新生活運動の一つでそうなったとのことですが、60年以上前からだったのは間違いありません。私は親父から「いすのまぎ は あぎんどのまづだがら おしょがっつあんは なのがでおわんのっしゃ いづまでも おしょがづ きぶんでいっと あぎんどは だめなんでがすと。」(石巻は商人の街だから正月は7日で終わり、いつまでもお正月気分では商人は駄目なのです)と言われたことを思い出します。

年越しには、紅白歌合戦を見てから初詣に神社へ出かけて、焚いている火にあたって風邪をひかないようにお祈りし、時には初日の出を拝んでくる。これをこの辺では元朝参り(がんちょうまいり)と言います。帰宅してから午前中に、雑煮などの餅やお神酒を神棚にお供えして、皆でいただく、これが我が家の慣習でした。(いまは無精なので夜は寝て、初詣は元旦の午前中です。)新年の挨拶廻りなどをして、7日のどんと祭でお正月様を納めて、神社へお参りし、どんと祭の火に当たって風邪をひかないようにお願いする。この辺では概ねそんなところでしょう。家庭の文化はなかなか変わりません。それが何となくホッとして嬉しくも感じます。

*2018年1月7日 石巻総鎮守 住吉大島神社のどんと祭です。後方は北上川です。

*以前と比べて露店が少なくなったのがちょっと寂しい気分です。お参りした後、社務所の前で甘酒を御馳走になって帰ります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)