ファンとサポーター

プロ野球では応援する人たちをファンと言いますが、サッカーではサポーター、バスケットではブースターと言うそうです。どうしてこの様に言い方がマチマチなのでしょう?調べてみるとファン: fan)は、特定の人物や事象に対する支持者や愛好者のこと。「熱狂的な」を意味するファナティック: fanatic)の略。サポーターはスポーツ用の関節などを保護するものの他に、支持者、後援者、特に、サッカーで、特定チームの熱狂的ファンとありました。さらに紋章の盾を支えるように配置された図。盾持ち、とも解説してあります。ブースターを調べると、ブースター(booster)とは、まず、エンジン類などの、推力などの出力を、積み増し(ブースト)する機構や補機や追加機関などである、とあります。また、アメリカのプロバスケットボールリーグや飴リマンフットボールでは昔からファンのことをブースターと呼んでいた、とありました。日本でも歌舞伎では、自分の気に入った者に対して肩入れし、援助することを贔屓(ひいき)と言い、贔屓を してくれる人のことを贔屓筋(ひいきすじ)などと呼んだ、とあります。相撲では力士を贔屓する人たちのことをタニマチといいます。これは単なる相撲ファンとは違ってスポンサーのことなのですが、応援者の呼び方もいろいろですね。各界でいろいろな報道もあるようですがスポーツは楽しく応援したいものです。

*北上川の護岸工事も進んでいますが、ここは左岸(湊側)です。左手に見える堤防が完成時の高さでしょうか。

*住吉公園から上流側を見たところです。堤防整備のため建物が撤去されています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)