石巻の気候

先日、ラジオの特番で気象予報士の斎藤さんの話を聞きました。以前、テレビで気象予報をしていて衆議院議員にもなった方です。その時の話ですが、石巻は東北地方の中で、福島の小名浜に次いで晴れが多い地域だそうです。仙南では寒い北風を蔵王おろしと言いますが、石巻・大崎では鳴子おろしというそうです。難点と言えばここは風が強い地区だということですが、希にみる良い気候の街だそうです。まさに「太陽と風のまち」でしょう。ここでは雪もそれほど降らず、降っても1~2日で大半が解けてしまいます。鳴子地区は奥州山脈が低いので風が通り易いのでしょうか。酒田・新庄の辺りも風力発電の風車が結構見られますが大曲浜に1基あるようですが石巻にはあまり無いようです。今度できるという噂を聞いたこともあります。今の話からすれば風力&ソーラーの発電に適したところと言えると思います。

*定川の河口から石巻工業港・大曲の方向を見たところです。発電用の風車があります。

*アイトピア・橋通り交差点の社会福祉協議会(旧七十七銀行石巻支店)のビルがあったところです。取り壊しが終わったようです。石巻のランドマークの一つが無くなったようで寂しい気がします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)