石巻の歴史

ラジオ石巻に石巻の歴史を辿る番組があります。先日収録の時昔の石巻の石巻村、住吉、門脇村、蛇田村、湊村などについて話していただきました。住吉の云われは時の領主が大島神社に住吉大社から頂いたお札を奉納したことからこの地区が住吉と呼ばれるようになったそうです。住吉は住吉公園の辺りから住吉小学校の辺りまでですが、久円寺の所から踏切までの旭町は蛇田村だったそうです。穀町の鳥屋崎神社参道と市立病院脇の踏切を結ぶ線から今の蛇田地区までが蛇田村だったそうですから蛇田はかなり広い地区でした。門脇村も旧港湾病院の辺りから定川岸(釜の向こう)までだったとのことです。石巻村は本当に狭い範囲だったのですね。また北上川開削までは湊村が街の中心で今の中央地区は湿地帯でしたので日和山周辺だけに建物や住居があったそうです。もっとも湊村も北上川左岸まで山(五松山)が迫っていたので平地は河岸だけだったようです。何とも面白い話です。

*旭町はこの道筋です。踏切から久円寺方向を見たところです。

*突き当りが住吉小学校です。この通りと一本左側にある道が住吉だったそうです。右側裏手は北上川です。

*正面に三角茶屋がありました。赤い車の後ろの右に入る道路から向こうが蛇田村のエリアです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)