最近のテレビを視ていて考える

自分もマスコミの隅っこに居ながら言うのも変なことですが、最近のテレビはどうなっているのでしょう。芸能人夫婦の泥沼的離婚話、間違って当選したような議員様の?な行動、言動などを執拗に取り上げているのを見ると、日本って平和だな、こんなことで良いのだろうかと思ってしまいます。米粒大のものをおにぎりの様に取り扱っては品位を疑います。もっともあまりにもレベルの低い人が政治家になってしまっているのも現実でしょう。よくワイドショーなどに見られる**についてのアンケートなども設問、分母、目盛などが変だと思うものが結構あります。それらを大半の国民はしらけて他人事のように見ているのが今の状態だと思われます。政治家を批判しても、それでは誰を押すのですか、と言えばだれも居ないという返答が多いのです。全員が批評家、評論家となっているだけでは新しい担い手は育たないのではないでしょうか。現体制にすべて反対するだけでは一昔の国会の構図と同じで進歩がないでしょう。マスコミが世論をリードしすぎる、変な方向へリードする、も困りますし一切しないのも底が浅い感じでどうかと思います。これでは何を言いたいと言われてしまいますね。難しいのは承知の上ですが、マスコミには、ほどほどの感覚、当たり前って大切ですね。過激じゃないと視聴率が取れないんだよ!と言う声が・・・。

*今日と明日の2日間、川開き祭です。普誓寺の裏手にある新しくなった重吉神社の写真です。

*神社の前に由来が書いてある碑がありました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)