アイドル?

テレビを見ていたら、女の子がインタビューを受けていて「いまアイドルやっています」と答えていました。私たちの年代(60代)の人間は、その受け答えにちょっと違和感があります。スターや歌手の若い子がアイドルと呼ばれることはあっても、アイドルという職業は無かったと思います。そこでちょっと調べてみました。

アイドルとは、「偶像」「崇拝される人や物」「あこがれの的」「熱狂的なファンをもつ人」を意味する英語に由来し、時代とともに変わる。日本においては当初「アイドル」という言葉は、主に日本国外の芸能人を対象にした呼称として用いられ、日本の人気芸能人は一般的に「スター」と呼ばれていた。テレビが普及していない時代における主力産業が映画だったことから、スターの大半は映画俳優であり、特に加山雄三吉永小百合浜田光夫らは「青春スター」と呼ばれたが徐々に「スター」の呼称が使われなくなり、「アイドル」の呼称に取って代わられるようになった。90年代初頭において、高橋由美子が「最後のアイドル」と呼ばれたのが象徴的事象であったように、アイドルそのものは存続していたが、本来の「アイドル」は、この時期に終焉を迎えたと言える。(ネットより抜粋)

この様に書いてありました。昔は、若いスターや歌手で憧れの存在、特に上の方の一握りの人だけがアイドルでしたが、今はなんと職業なのです。言葉は時代とともに変遷することを実感しました。

*門脇の北上川岸にある網地島ライン乗り場です。ここに鎮守大橋が工事中です。

*上の写真から右の方にずらした写真です。網地島ラインの巡航船が泊まっています。

*門脇の称法寺の前に今作っている高盛土道路です。これが鎮守大橋に続きます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)