ズボンとパンツについて

新聞の記事にパンツとズボンのことが書いてありました。そう言えばズボンという言い方はある年齢以上の方々が使う言葉で、若い人はパンツと言います。我々の年代ではパンツは下着でした。ちょっと調べてみた所、ズボンの語源はフランス語らしいのです。パンツもイギリスでは下着で、アメリカでズボンのことを指すそうです。イギリスではトウラウザースです。スラックスという言い方があります。これも女性用や背広のズボンのことと思われますが、本来はゆったりしたズボンのことだそうです。ぴったりしたスラックスはあり得ないそうです。日本で使われているカタカナ語は語源からだんだんズレて行っているものがかなりあるようです。おまけにイギリス、アメリカ、フランス、オランダなどの言葉が混じっているものですから、ますます混乱してしまいます。そう言えば年代で意味がまるで違う言葉も結構あります。若者は使わない単語でしょうが、股引(ももひき)のことをズボン下と言いますがパンツ下とは言いません。タイツかアンダータイツと言うのでしょうか。日本語って難しいですね。

*女川に行ってみました。駅前に立派な商店街ができていました。向こう側が駅前です。

*港側を見たところです。

*中はちょっと迷路っぽく入り組んでいます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)