石巻の地名

以前もここに書いたことがありますが、石巻の古来の地名がどんどん無くなっていくようで寂しい気がします。渡波の新千刈や新沼あたりがさくら町(まち)という地名になりました。私のようね石巻原住民にとって最近は知らない地名がどんどん増殖しているように思えます。蛇田地区があけぼのという地名になってやっと覚えたら、その隣が恵み野、あゆみ野、のぞみ野となったようです。あゆみ野には仙石線の駅もできました。そこにいまお住まいの方には申し訳ないことですが、なかなか感覚的にピンとこないところがあります。以前から地名は結構変わっていて、水明町も袋谷地だったし、開北も水押の一部だったような気がします。渡波の新成、稲井の新栄、南境の開成や美園も昔の人には?でしょうか。確かに集落が無かったところに街ができると新しい名前がつくのは理解できますが、昔からの地名をもう少し大事にしてもらいたいような気もします。南浜の海岸部は雲雀野です。ここにできた埠頭が日和埠頭では寂しいです。雲雀野埠頭にしてほしかったのは私だけでしょうか?勝手なことを言わせていただきました。そこに住んでいる方、関係者の方々ゴメンナサイ。

*渡波の中道(通称?)です。新しい住宅や復興住宅が増えて市街地化が進んでいます。

*渡波の中道沿いに新しくできた石巻東消防署です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)