石巻語39

あんまりのんでばりいっと、あだま わるぐすっからね。おらしゃねよ。だいじょぶだ~。のむたって、べっこばりだいちゃ。すかねごだ~。あんだげのめば、おだくさんです~。年末はこのような会話があちらこちらで聴かれたようです。意味は、あまり酒を飲んでばかりいるとバカになってしまうでしょう。私は知りませんからね。少しだけだろう。なんてことを言うのですか。あれだけ飲めば沢山でしょう。この様になります。すかねごだ~は、好きじゃないという意味ですが、厭なこと、なんてわからない人なんでしょう、という感じも含みます。酔って女性に絡むオヤジは すかねごだ~ と言われます。先日、あるお店で耳にした会話です。んだがらや~、ひとづぎに、一斗缶ひとづすかのんでね~ってごどだべ~。奥様、無言。この方は一升瓶を3日で開けているのでしょう。お正月などは 酒がふだにあっから、ついやっつまうんだべや。あればあったげ飲んですまうんだがらね ほでなすだお~。訳、お正月などは酒がいっぱい(ふんだんに)あるので、つい飲んでしまうです。あればあるだけ飲んでしまうのですから、限度を知らない人なんですよ。この様に言われないように注意しましょう。

*立町の突き当り(川側)に建設中の新内海橋です。橋桁ができたようです。

 

*1/15の立町です。歩道に雪があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)