将棋(久野義文)

 書店に行くと、手に取ってしまう雑誌がある。将棋の月刊誌だ。指さなくなって久しいが、習慣とは不思議なもの、夢中でやっていた学生時代のままに将棋の本を立ち読みしている。  好敵手がいた。高校が同じだったS君だ。大学に入ると […]

Read more »