(83)地下鉄

 4月3日、サンクト・ペテルブルクで地下鉄爆破事件が発生。14人が犠牲となり、49人が現在も入院中であることが判明しました。  このロシア第2の都市は、かつてペトログラード、ソビエト連邦時代はレニングラードと称され、英語 […]

Read more »

(82)オリエンテーション

 いよいよ新年度のスタート。  昨今の大学では、ほぼ1週間かけて講義の履修の説明などを行い、新入生に対してはホテルなどでの「合宿」を通じてガイダンスおよび友達づくりの機会を提供することも珍しくありません。また、企業におい […]

Read more »

(81)さようなら

 3月は別れの季節。卒業式、送別会が手帳の行事表に並びます。  「さようなら」は「左様ならば」に由来し、「じゃあ、そういうことで」のような意味とのこと。  海外からの多くの人が我が国を訪れる今日、「コンニチワ」「サヨナラ […]

Read more »

(80)スイセン

 寒い日々がつづく中、鉢に寄せ植えした花々がしおれて可哀想と思っていたら、庭の土の中から瑞々しい芽が顔をのぞかせました。水仙です。数年前に植えた球根ですが今年も忘れず咲こうとしている…自然の律儀さにあらためて深い感動を覚 […]

Read more »

(78)卒業

 3月1日、宮城県内の公立高校で卒業式が挙行されました。ひと昔前まで式の締めくくりは「仰げば尊し」の斉唱。今ではほとんど歌われることがないようです。映画「二十四の瞳」(木下惠介監督 松竹 1954年)の卒業式のシーン… […]

Read more »

(76)グローバル

 地球温暖化などの環境問題、経済やテロとの戦いなど、もはや各国間のやりとりでは間に合わず、世界的規模で考えていかねばならない時代に…。  そこで登場したのが「グローバリズム」( globalism )。「汎(はん)地球主 […]

Read more »

(75)春遠からじ

 立春も過ぎ、陽の光も心なしか明るさを増してきました。南からは梅や水仙の花便りが。  英語で「春」は、ごぞんじ spring 。しかし、「スプリング」と言えば、もう二つの言葉が思い浮びます。一つは「バネ」を意味する「スプ […]

Read more »