(80)スイセン

 寒い日々がつづく中、鉢に寄せ植えした花々がしおれて可哀想と思っていたら、庭の土の中から瑞々しい芽が顔をのぞかせました。水仙です。数年前に植えた球根ですが今年も忘れず咲こうとしている…自然の律儀さにあらためて深い感動を覚 […]

Read more »

(78)卒業

 3月1日、宮城県内の公立高校で卒業式が挙行されました。ひと昔前まで式の締めくくりは「仰げば尊し」の斉唱。今ではほとんど歌われることがないようです。映画「二十四の瞳」(木下惠介監督 松竹 1954年)の卒業式のシーン… […]

Read more »

(76)グローバル

 地球温暖化などの環境問題、経済やテロとの戦いなど、もはや各国間のやりとりでは間に合わず、世界的規模で考えていかねばならない時代に…。  そこで登場したのが「グローバリズム」( globalism )。「汎(はん)地球主 […]

Read more »

(75)春遠からじ

 立春も過ぎ、陽の光も心なしか明るさを増してきました。南からは梅や水仙の花便りが。  英語で「春」は、ごぞんじ spring 。しかし、「スプリング」と言えば、もう二つの言葉が思い浮びます。一つは「バネ」を意味する「スプ […]

Read more »

(72)お巡りさん

 このお正月、久しぶりで「夜の大捜査線」(1967年、アメリカ映画)を見ました。第40回アカデミー賞受賞作品で、当時の公民権運動を背景に制作された映画です。また、警察署長を演じるロッド・スタイガーが主演男優賞を受賞したこ […]

Read more »

(71)酉年

 今年の干支(えと)は「酉」。  十二支は中国に由来し、十干(じっかん)との組み合わせで、年月や時間、方角を示す役割を持っていたとのこと。そもそも動物とは全く関係がなく、世間に広く認知させる目的で動物が割り当てられたよう […]

Read more »