「トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ」アークティック・モンキーズ

「トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ」  ほぼ5年ぶりに届けられた新作は、大ヒットした前作「AM」の続編を期待(多分)していたファンには真逆の印象で受け止められたのではないか。自分も一聴した時は「?」が並ん […]

Read more »

「彼女の時計」ランプ

「彼女の時計」  ボサノバなどブラジル音楽やソフトロックをベースに上質な日本語ポップスを創作するランプがたどり着いた新境地。シンセサイザーの音色が作品の核となっている。  本人たちいわく「小さなバラード集」というコンセプ […]

Read more »

「シースケープ」古川麦

「シースケープ」  ギターやトランペットなどの楽器を高い演奏力で操り、複数のグループで多様な音楽活動を展開する古川が、前作から約3年半のスパンで作り上げたソロ2作目。前作に比べ日本語歌詞の割合が増えたことが大きな変化だ。 […]

Read more »

「交響組曲『シェエラザード』、組曲『展覧会の絵』」小林研一郎指揮、ロンドン・フィル

「交響組曲『シェエラザード』、組曲『展覧会の絵』」  小林研一郎とロンドン・フィルによる新録音シリーズの第2弾で、リムスキー=コルサコフとムソルグスキーの名作2曲を2枚組で収録した。どちらも色彩豊かなオーケストラサウンド […]

Read more »