女川湾内の岸でメバル(3/1掲載)

釣り場情報

■毎週金曜掲載

【石巻湾】

 大曲から渡波にかけては、イシガレイがシーズン真っ最中。海岸から50メートルと120メートル付近の2カ所を狙えば、手のひらから50センチ大サイズの釣果が見込める。

 石巻工業港から牡鹿半島にかけては、夜釣りで、ドンコ、アナゴ、マコガレイが釣れ、まれにマダラの釣果も見込める。

 牡鹿半島の各浜は、産卵後のマコガレイの食いが立ってきており、山からの沢水が流れ込む海岸部の海側のポイントを狙ってほしい。

=石巻市・田代釣具店0225(22)3242

【女川・牡鹿】

 女川町の小乗浜の岸壁周辺の岸釣りは、1人で42センチのカレイが1匹、30~48センチのアイナメが3匹、アナゴが3匹の釣果があった。釣果は夕方からと、潮位の動きがある方が期待できる。

 湾内の岸釣りは5~10センチのメバルを1人で10匹釣った人も。

 船釣りは出島・寺間・小屋取周辺で、30センチ前後のアイナメと、40センチ前後のナメタガレイの釣果が期待できる。置きさおの方が大型の魚が食いつく可能性がある。

=女川町・佐々木釣具店090(6686)7811

【2019年3月1日(金)石巻かほく掲載】