2019/02/09 旧正月行事「獅子舞」

ミニカメラリポート

勇壮!獅子舞「福」運ぶ
石巻・五十五人地区

 石巻市五十五人地区で9日、60年以上前から続く旧正月行事の獅子舞が行われた。市消防団河北地区団五十五人班のメンバーや地区の小学生ら約20人が民家約90軒を巡り、一年の健康や安全を祈願した。少子高齢化が進む中、獅子舞を通して子どもからお年寄りまで交流する機会にしようと、昨年から5、6年生がおはやしに加わった。太鼓や笛の軽快な音色と獅子の荒々しい舞で盛り上がった、五十五人地区の一日を振り返る。

■小雪が舞う中、おはやしの響きに合わせて荒々しく舞う獅子

■頭をくわえようと近づく獅子に泣きだす子。大人たちには笑顔が広がった

■おはやしの太鼓を奏でる児童たち。本番には1週間の練習を経て臨んだ

【2019年2月13日(水)石巻かほく掲載】