フラワーショップ洋(石巻市住吉町1丁目)

フラワーショップ洋(石巻市住吉町1丁目)

色とりどりの花が並ぶ店内

◇温かい空間笑顔花開く

 1989年の創業。石巻市住吉町2丁目から移転し、1月30日に新装開店した。色とりどりの花が並ぶ新店舗は、顧客が花を見ながらゆっくりと会話を楽しめるよう、広いスペースを設けた。

 代表の佐藤洋子さん(70)は「鮮度のいい花をお客さんに渡したい。これからの季節はスイートピーやチューリップ、モモがお薦め」と話す。

 花を長持ちさせるこつは1日1回水を替えることと、茎の先を数ミリカットし、切り口を新しくすることだと教えてくれた。

 運営は洋子さんら家族と従業員1人が担う。約8年前から店長を務める長男の祐也さん(37)は「約30年も店をやってきた母を尊敬している。名に傷を付けないようにしたい」と語る。

 取材日の店には複数のお客が訪れた。洋子さんや祐也さんと話が弾む様子から、常連客との信頼関係が伝わってくる。温かい空間が居心地よく感じた。

 東日本大震災で旧店舗や自宅が大きな被害を受けたが、「同業者や市場に助けられ、花を供給できた」と振り返る。洋子さんは昨年から、いけばな小原流石巻支部長も務め、指導希望を随時受け入れる。「花を通して笑顔が増えてもらえれば」。思いを込めてお客を迎える。

地図:石巻市住吉町1丁目6の2
■メモ
午前8時~午後6時。元日定休。
石巻市住吉町1丁目6の2。
0225(22)1088。

東日本大震災を乗り越え、石巻地方で営業を続ける店や伝統を守る店、新たな店、個性的な店などを紹介するコーナーです。「石巻かほく」に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください