和 なごみ(東松島市あおい3丁目)


落ち着いた空間の店内

◇昭和の郷愁誘う喫茶店

 東松島市が整備した防災集団移転団地「あおい地区」に昨年12月19日オープンした和風喫茶。

 店内は黒電話やホーロー看板などが飾られ、昭和にタイムスリップしたような郷愁に誘われる。10人が入れる座敷もあり、日本情緒を感じさせる空間は、気持ちが和らいで落ち着く。

 自宅の一角を活用して長年の夢だった自分の店を実現させた鈴木浩美さん(51)は「古き良き昭和の時代を感じながら、くつろいでほしい」と言う。

 茶道の心得がある鈴木さんの一押しは「主菓子と緑茶のセット」(810円)。主菓子(1個486円)は数種類あり、1品選ぶ。渋味が少なく、甘みのある福岡県産の深蒸しかぶせ茶を使用。鉄瓶で沸かしたお湯を急須に入れて気兼ねなく飲める。漬物が付く。

 軽食もある。コーヒー、ヨーグルト付きのトーストセット(918円)は、「乃が美」の高級生食パンを使用。お吸い物や漬物、小鉢、緑茶の付いたおにぎりセット(同)もお薦めだ。コメは石巻市広渕産のつや姫を使っている。

 飲み物はジュース類、ビール、甘酒も用意。主菓子は持ち帰りできる。駄菓子も置いている。(浜)


■メモ
営業時間は午前11時~午後4時。
月、火曜定休(祝日は営業)。
東松島市あおい3丁目12の2。
連絡先は090(4554)0086。

東日本大震災を乗り越え、石巻地方で営業を続ける店や伝統を守る店、新たな店、個性的な店などを紹介するコーナーです。「石巻かほく」に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください