記者会見(今野勝彦)

水紋

 2020年末で活動休止を発表した人気アイドルグループ「嵐」の記者会見をテレビの報道番組を通して興味深く見た。記者が何を聞くのか、メンバーが、どう答えるのか…。この手の会見では、やりとりが評価されたり、酷評されたり、物議を醸すことが多い。

 やはり内容がネットを中心に話題になった。ある記者の「無責任じゃないかという指摘もあるのでは」という発言。メンバーの1人が、しっかりと考えを述べた。翌日のテレビ番組でも、そのメンバーは「質問のおかげで、結果として思いを伝えることができた」と切り返し、感謝するほどだった。

 迷言が生まれた会見もあった。十数年前の首相の辞任会見では「無責任だ」と言う記者の突っ込みに「あなたとは違うんです」。言葉の適否はともかく、その年の「新語・流行語大賞」のトップテンに入るほどの印象を残した。

 毎月1回行われる石巻市の亀山紘市長の定例会見に出席している。市長がイベントや取り組みなどの発表事項を読み上げて記者の質疑に応答。一通りの発表が終わった後に、発表以外の記者の問いに市長が答える。

 市政全般のほか、時に国内外情勢の質問もある。さすがに市の「無責任さ」を問題視する意見は出ていないが、市長の言葉は重く市政の今、今後を表す内容が多い。緊張感が漂っている会見場で、どの話題を柱にして原稿を書こうか、頭を悩ませている。

(今野勝彦)

【2019年2月1日(金)石巻かほく掲載】