onagawa factory(女川町女川浜)

onagawa factory(女川町女川浜)

魚をモチーフにした木製の商品が並ぶ店内

◇木製商品、モチーフは魚

 「魚が取れないなら作ってしまえ」という発想で、東日本大震災の2カ月後、魚をモチーフにした木製のキーホルダーを作り始めた。その魚が今は、店内で「群れ」をなしている。

 ブレスレットやピアス、箸、靴べら…。魚をかたどった木製アイテムは約30種に増えた。同じアイテムでもケヤキやブナ、ナラなど、素材が違えば風合いも異なって面白い。

 メイン商品のキーホルダー(1296円)を手にする。丸みを帯びた魚体のすべすべした木肌が癖になり、ずっと触り続けたくなる。「手作りの品は、温かみがありますよね」。代表の湯浅輝樹さん(47)の言葉に思わずうなずいた。

 昨年4月に女川町浦宿浜からシーパルピア女川に移転した。それまでは復興支援を目的にインターネットで購入する人がほとんどだったが、現在は観光客が主力になった。

 箸と箸置きのセット(648円)を土産用として一度に5~10個購入するお客が増えるなど、客層の変化に伴い、売れ筋も変わってきた。湯浅さんは「試行錯誤を重ねて新アイテムの制作に励みたい」と意気込む。今後も「魚種」の充実に期待したい。

女川町女川浜のシーパルピア女川内
■メモ
営業時間は午前9時~午後4時。
年末年始を除き無休。
女川町女川浜のシーパルピア女川内。
連絡先は0225(24)8612。

東日本大震災を乗り越え、石巻地方で営業を続ける店や伝統を守る店、新たな店、個性的な店などを紹介するコーナーです。「石巻かほく」に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください