砂浜でイシガレイ狙い(1/11掲載)

釣り場情報

■毎週金曜掲載

【石巻湾】

 大曲から渡波にかけての砂浜は、4月までがシーズンのイシガレイがお薦めで、手のひらサイズ~50センチ級の釣果が見込める。アオイソメを餌に、砂浜から50~120メートルの海域を狙ってほしい。

 牡鹿半島は五目釣りでアイナメ、ソイ、カレイ、アナゴ、ドンコが釣れる。アイナメを狙う場合は根際や岸沿いで、軽いおもりを使って餌を踊らせるように動かすと食いが良い。メバルは夜釣りで沖目を狙いたい。

=石巻市・田代釣具店0225(22)3242

【女川・牡鹿】

 女川湾内の岸釣りは、40センチ以上の黄金色のアイナメが3本のほか、ベッコウゾイ数本の釣果があった。

 船釣りは、アオイソメを餌にして30センチ以上のナメタガレイが釣れた。まだ水温が低下しきれてなく、出島・寺間周辺でアイナメとカレイを狙う時、フグに餌を取られるので、餌は多めに準備してほしい。タナゴは今月中旬すぎから楽しめそう。

 江島・金華山周辺はアカメバルが釣れ始まってきた。

=女川町・佐々木釣具店090(6686)7811

【2019年1月11日(金)石巻かほく掲載】