女川湾内でイワシ狙い(12/7掲載)

釣り場情報

■毎週金曜掲載

【石巻湾】

 野蒜から大曲にかけてや、牡鹿半島の各浜では、マコガレイやシタビラメ、メバル、ハゼ、アイナメなどの五目釣りが盛ん。魚拓サイズの大型が狙えるようになった。アイナメは沖から岸に寄り始まっている。

 イシガレイに関しては12月~来年4月がシーズンで、大曲から渡波の砂浜での投げ釣りで、65センチの大型の釣果もある。

 渡波から牡鹿半島にかけては、夜釣りでソイ、メバル、アナゴの釣果が良い。

=石巻市・田代釣具店0225(22)3242

【女川・牡鹿】

 女川湾内はイワシが大群で、岸からサビキ釣りをすると釣果を楽しめる。湾内はタナゴが見えてきている。サビキ釣りで食いが悪いときは冷凍エビと活き餌を付けると良さそう。イワシとタナゴはまき餌をすると釣果が上がる。他に40センチ前後のアイナメ数匹と30センチ前後のカレイが釣れる。

 船釣りは、まだ水温が高いが、ようやくカレイとアイナメが釣れ出してきた。アナゴは出島周辺でまだ楽しめる。

=女川町・佐々木釣具店090(6686)7811

【2018年12月7日(金)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください