川柳(12/2掲載)

俳句

【水戸一志 選/評】

◎季節商品は早め早めが商いの常道。来年の改元を控え、人々の関心もついつい先に向きがちだから、正月も早く来るのだ。レジ前に飾られた大きな鏡餅につられて、無駄な買い急ぎをするかもしれないが。

===

◎ レジ前をもう陣取った鏡餅  (石巻市須江・市川つね子)

  カリスマの鼻をへし折る告発状  (石巻市あゆみ野・日野信吾)

  横綱も返上できれば気が楽だ  (石巻市大街道・岩出幹夫)

  雪虫が舞って出番の冬タイヤ  (石巻市鹿又・遠藤錬治)

  岡劇のとすけ懐かし良き時代  (石巻市湊・小野寺徳寿)

  平成よあちらこちらに惜しむ文字  (石巻市水押・佐藤洋子)

  手拍子に合わせ損ねて一人酒  (石巻市不動町・新沼勝夫)

  夫婦坂こんなに長い坂は無し  (東松島市小松・畠山信雄)

【2018年12月2日(日)石巻かほく掲載】

■作品を募集中/短歌、俳句、川柳を明記

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください