2018/11/10,11 石巻市桃生地区文化祭

桃生地区文化祭

力作に目を凝らす来場者たち

きょうまで
桃生地区文化祭
力作の数々

 石巻市桃生文化協会と同市桃生公民館が主催する「桃生地区文化祭」が10日、同公民館で始まった。

 本年度は「文化香る桃生の秋」をテーマに、桃生地区に住む約650人が手掛けた計1300点が展示された。絵画や生け花、手工芸、書道作品など多彩。来場者は力作の数々に目を凝らしていた。

 体験コーナーも設けられ、茶道やちぎり絵、押し花、折り紙を体験する来場者の姿も見られた。

 桃生公民館の牧野輝義副館長(50)は「桃生地区のさまざまな活動の作品を地区内外の多くの方に見て、体験してほしい」と話した。

 文化祭は11日まで(午前9時~午後3時)。

 体験コーナーで折り紙以外は有料。

【2018年11月11日(日)石巻かほく掲載】


▽2018年度桃生地区文化祭
 日時:2018年11月10日 午前9時  ※11日も。
 場所:石巻市桃生公民館

【2018年11月10日(土)石巻かほく掲載】


作品展や体験教室
桃生地区文化祭
あす開幕

 石巻市桃生地区文化祭(桃生文化協会、桃生公民館主催)が10日、桃生公民館で開幕する。11日まで(午前9時~午後3時)。

 ちぎり絵サークルや茶道裏千家、聖雪会(書道)など十数団体をはじめ、保育所から中学校までの子どもたち、老人クラブ連合会、一般個人を含む約1000点の作品を展示。

 有料の茶道、ちぎり絵、押し花と、無料の折り紙の四つの体験教室もある。

【2018年11月9日(金)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください