俳句(9/30掲載)

俳句

【石母田星人 選】

===

被災地に躍る銀輪秋燕  (石巻市元倉・小山英智)

【評】被災地を自転車で巡ったツール・ド・東北。中七「躍る」で臨場感を表現、下五「秋燕」には心の丈を乗せている。「秋燕」とは「燕帰る」の子季語。南へ旅立つ準備に忙しいツバメをさす。親鳥とともに巣立ったばかりの若鳥たちも命懸けの長い旅に挑む。秋燕には覚悟や憧れ、たくましい生命力の意味合いも込められており、未来形の季語と言えるだろう。被災地を走り抜けたライダーたちの心意気とも重なる。

===

朝まだき岩湯に浮かぶ初紅葉  (仙台市青葉区・狩野好子)

【評】初紅葉とはその年の秋、最初に色づいた葉のことをさす。鮮やかなピークの紅葉ばかりではなく、初紅葉の頃や散り際の風情を愛でるのが俳句の妙味。薄明の岩湯に映る初紅葉が幻想的な空間を醸し出す。

===

大き闇背負ひ夜学子パン齧る  (東松島市矢本・紺野透光)

【評】パンをかじる夜学生。「闇」は負のイメージとして用いられるがここには希望が見える。これからこの広大な闇の中に多くの知識が詰め込まれていく。

===

ベッドまで香り遊ばせ金木犀  (石巻市相野谷・武山昭子)

【評】朝方の光景か。キンモクセイの匂いがベッドまで届いてきた。中七を「香りの届く」と表現せずに「香り遊ばせ」と詠んだことで詩が生まれた。

===

玉音に伏せる学び舎終戦日  (石巻市大森・横山つよし)

還ること信じて紅き百日紅  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

虫の音や土産話に続きあり  (東松島市矢本・雫石昭一)

夕風は妣の匂ひよ盆灯籠  (石巻市小船越・三浦ときわ)

己が身の限界を識る猛暑かな  (石巻市桃生町・佐々木以功子)

でで虫や人も何かを背負ひつつ  (石巻市小船越・加藤康子)

水澄むや鳥海の峰映しおり  (石巻市南中里・中山文)

訛さえ青田のアート内陸線  (石巻市中里・川下光子)

爽やかや眼つぶりて風を聞く  (石巻市吉野町・伊藤春夫)

秋あかね群れとぶ空よ桜川  (石巻市相野谷・戸村昭子)

秋霖の合間地域の清掃日  (石巻市広渕・鹿野勝幸)

餌のなき猫の声のる月の庭  (石巻市開北・星雪)

法師蝉声止むときに風の止む  (東松島市新東名・東奈美)

月浜の砂のアートや天高し  (東松島市野蒜ケ丘・山崎清美)

コスモスは活けられてから風忘れ  (東松島市矢本・菅原れい子)

盆去りし静寂の中に二人居て  (石巻市門脇・佐々木一夫)

【2018年9月30日(日)石巻かほく掲載】

■作品を募集中

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください