川柳(9/23掲載)

俳句

【水戸一志 選/評】

◎歯がないと困るのは食事の時だけではない。人前で話をするのに、ついためらってしまう。間抜けな顔になるからだ。義歯に結構なお金がかかったにしろ、大口を開けて笑う晴れやかさは格別だろう。

===

◎ 義歯入れてアハハと笑う心地よさ  (石巻市不動町・新沼勝夫)

  なおみちゃんガマン覚えて女王の座  (石巻市蛇田・菅野勇)

  秋の虫妻の寝息と二重奏  (石巻市門脇・峯村信雄)

  トランプのイランいじめで脂汗  (石巻市三ツ股・浮津文好)

  強権に向かう勇気をたたえたい  (石巻市桃生町・三峰)

  血眼の警察わらう逃走犯  (石巻市大街道東・岩出幹夫)

  プラごみを知らずパクパク魚たち  (石巻市向陽町・佐藤功)

  デパートの香水試し姫になる  (石巻市渡波町・小林照子)

【2018年9月23日(日)石巻かほく掲載】

■作品を募集中/短歌、俳句、川柳を明記

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください