(155)おもてなし[14] B&B

 前回、「民泊」に関連して Airbnb というインターネット・サイトを話題にしました。これは Airbedandbreakfast の短縮形で、Air Bed & Breakfast「ベッドと朝食」、つまり朝食付きの宿泊施設です( Air については諸説あり意味不明のようです)。

 Bed & Breakfast = B&B での宿泊は、良き思い出に満ちています。私事で恐縮ですが、15年前の夏、70日ほどかけ英国を鉄道で巡る一人旅に出かけました。その旅先で、お世話になったのが他ならぬ B&B なのです。

 理由は、宿泊費が安いということ。1泊朝食付きで5000円前後。町に着いたら、駅の案内所で調べた B&B に電話。日本人訛りの英語を駆使して宿の主人と直接交渉し、その夜の予約を。この繰り返しです。

 もっとも、今はインターネットで誰でも簡単に予約ができるようになりましたが。

 ただ「安い」だけでは心に残りません。忘れられないのは、その風情です。どの宿も、門を開くと美しい花々と手入れが行き届いた芝生が出迎えてくれます。名高い English garden(英国式庭園)です。そして、庭を見晴らすテラスでの朝食。純白のテーブルクロスに大盛りの料理… English breakfast として知られています。

 ロンドンなどの都会は別として、地方の町の B&B は、どれも明るさと hospitality(ホスピタリティ=おもてなしの心)に満ちていました。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

【2018年9月20日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください