女川市場食堂(女川町宮ケ崎)

女川市場食堂

海を眺めながら食事を楽しめる店内

◇景色と魚料理に大満足

 店に一歩足を踏み入れて、思わず「おーっ」と驚いた。女川魚市場3階の店は、海に面した壁一面がガラス張りで、窓越しの女川湾の景色が素晴らしい。

 県内のホテルで料理長などを務めてきた菊池成喜店長(62)が、女川魚市場に水揚げされ、自身の目で厳選した新鮮な魚料理も、もちろん堪能した。

 お薦めという「刺身定食」(1300円)をいただいた。皿にはヒラメに、サーモン、ホタテ、マグロ、ミンククジラなど9種類。三陸地方にいて、食べ慣れたつもりでいた魚料理だが、やっぱりおいしい魚に出合えると、普段の仏頂面が崩れてしまう。

 店を営むのは女川沖などに定置網を持つ泉沢水産(釜石市)。「網元の店は当然、鮮度の良い魚にこだわっている。刺身定食と海鮮丼(1500円)と合わせて、来客の7割くらいは頼んでいると思う」と菊池店長。これからはサンマを使った料理も楽しめそう。

 眺望と食事を楽しみ、ベランダに出れば潮風を感じられる、こんなひとときを味わってみてはどうですか?

地図:女川町宮ケ崎宮ケ崎87
■メモ
営業時間は午前6時半~9時、11時~午後2時。
4~10月は月曜と第3日曜定休。
11月からは女川魚市場の休場日が休み。
女川町宮ケ崎宮ケ崎87。
魚市場の屋上駐車場が無料で利用できる。
連絡先は0225(53)5585。

東日本大震災を乗り越え、石巻地方で営業を続ける店や伝統を守る店、新たな店、個性的な店などを紹介するコーナーです。「石巻かほく」に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください