2018/08/19 北上川フェア

カメラリポート

水辺で刻んだ夏の思い出 催し多彩に北上フェア 石巻

 川は身近な存在-。「川がつなげるひととまち」をテーマに北上川フェア2018が19日、旧北上川の石巻市中瀬公園を会場に開かれ、乗船体験や工作、ステージなどのイベントを繰り広げ、石巻のシンボル的な存在の川と親しみ、触れ合いを深めた。子どもたちも多く訪れ、残り少なくなった夏休みの思い出の1ページに刻んだ。

■ステージ フェアを盛り上げたステージ出演者。中学生たちも息を合わせて堂々の演奏を披露

■水族館 ペットボトルでオリジナルの「水族館」作り。子どもたちは、水草などの模型とろ過した川の水を詰め、熱中

■膨らむ期待 整備が進む内海橋。フェア来場者が、2020年度の開通を目指し工事中の橋を歩き、期待感を膨らませた

■働く車 東日本大震災の石巻市街地の復旧・復興事業も紹介。工事に当たる車両の運転席に興味津々で座り、記念撮影に応じる子ども

■気分爽快 川風を受けて気持ちよく快走するヨット。小学生も果敢に挑戦

■ひと味違う 憩いの水辺空間。川と触れ合う絶好のロケーションで味わう食事は格別

【2018年8月22日(水)石巻かほく掲載】