2018/08/10 障がいで町興しシンポジウム

「障がいで町興しシンポジウム」
きょう・石巻

 「障がいで町興(まちおこ)しシンポジウム」が10日午後2時から、石巻市水産総合振興センターで開かれる。「精神障がい・知的障がい・身体障がい等の当事者に水産物等の販路の開拓は可能か」がテーマ。

 北海道浦河べてるの家理事で北海道医療大の向谷地生良教授をシンポジストに、NPO法人被災地支援ネットワーク・東北ヘルプの川上直哉事務局長、東大被災地支援ネットワークの会員で法政大の三井さよ教授が意見を述べ合う。水産加工会社の社長や障がい者らも出席する予定。

 参加費は、精神障がい者らは無料。ただし、家族・支援者・一般は1000円。

 11日午前10時からは、当事者研究セミナーが向谷地教授を講師に迎え、石巻市保健相談センターで開かれる。参加は無料。

 二つとも「べてるの家に学ぶ一般社団法人シャロームいしのまき就労継続支援B型福祉事業所“べてるの風”」(石巻市錦町)が主催する。

【2018年8月10日(金)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください