早くもハゼのシーズン(8/2掲載)

釣り場情報

■毎週木曜掲載

【石巻湾】

 今年は気温が高く、例年よりも早く、北上川と旧北上川でハゼがシーズン入りした。セッパ、セイゴ、イシモチの釣果もある。

 石巻市中心部から牡鹿半島にかけては、唐揚げサイズの小サバが釣れる。サバの群れは散らばってきたが、今後は魚体が大きくなるため成長に期待。

 牡鹿半島はアイナメ、ソイのほか、夜釣りでメバル、アナゴも狙える。大曲から渡波にかけては、マゴチやカレイが釣れる。

=石巻市・田代釣具店0225(22)3242

【女川・牡鹿】

 先週末は台風の影響で天候不順となり、船を出せなかったが、船釣りは、江島と出島でこれからヒラメが狙い目となる。

 沖釣りのメバルや夜釣りのアナゴも楽しめる。女川湾内の岸釣りは、まき餌をした上で、4~6号のサビキ仕掛けで釣ると、小サバが入れ食い状態だった。

 アオイソメで狙う人もいた。魚市場から防波堤の周辺では、アオイソメを房掛けにして、30~40センチのアイナメの釣果があった。

=女川町・佐々木釣具店090(6686)7811

【2018年8月2日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください