2018/07/15まで  「布工房・道の辺」大島八寿子さん、個展

大島八寿子さん個展

大島さんが作った帽子や、蚊帳のタペストリー(左)が目を引く作品展

石巻の大島さん個展
古着で作った帽子タペストリー並ぶ
15日まで

 「布工房・道の辺」を主宰する大島八寿子さん(72)=石巻市中里5丁目=の個展が15日まで、石巻市丸井戸3丁目のパスタ&カフェ「大麦小麦」で開かれている。古着物で作った夏らしいタペストリーや帽子が目を引いている。

 ヒマワリや朝顔などをアップリケしたタペストリー9点と、帽子約60点を展示。古い蚊帳を使ったハスのタペストリーは、涼しげな風情が印象的だ。帽子はいずれもチューリップハットで、ウールやつむぎなどの素材を組み合わせた。

 大島さんは「チューリップハットは作りやすく、かぶりやすい。古着物のリメイクに挑戦したい人の参考になればうれしい」と話している。

 入場無料。午前11時~午後3時。帽子は販売もする。

 連絡先は大麦小麦0225(93)1833。

【2018年7月11日(水)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)