2018/07/11 「第8回 三陸海の盆」プレイベント

「三陸海の盆」
11日、プレイベント
石巻

 太鼓の郷土芸能の競演を通して東日本大震災の犠牲者を供養する「第8回三陸海の盆」(石巻実行委員会主催)のプレイベントが11日午後1時から、石巻市中央2丁目のCOMMON-SHIP橋通りウッドデッキステージで開かれる。

 1ヵ月後の8月11日、中瀬公園である本イベントの成功を願い企画。「三陸海の盆」を歌い続けてきた河内家菊水丸さんによる河内音頭の披露や、大阪市の和太鼓メーカー太鼓正の南本庸介社長から実行委に大太鼓の贈呈式もある。

 「三陸海の盆」は震災の犠牲者を永遠に記憶し、震災の風化などを防ぐのが目的。被災地、支援地、三陸沿岸が一体となって2011年に大槌町で始まった。釜石市、大船渡市、山田町、気仙沼市、南三陸町、宮古市田老と被害の大きかった地区で毎年開催している。

【2018年7月7日(土)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください