2018/06/17 東松島市総合防災訓練

ミニカメラリポート

震災の教訓、風化させない
真剣に総合防災訓練
東松島全域

 防災は日ごろの備えが大切-。東松島市総合防災訓練が先日、市内全域を対象に行われ、避難や炊き出しなどの訓練に真剣な表情で取り組んだ。東日本大震災から7年3カ月。震災の風化防止と、国内のさまざまな震災も教訓に大勢の市民が訓練を通して防災意識を高めた。

■ 大津波を想定し、5階建ての集合住宅屋上に避難する市民
大津波を想定し、避難する市民
■ がれきにみなした複数の段ボールの中から「被災者」を探す災害救助犬。的確に探し当てた
「被災者」を探す災害救助犬
■ 旅行で東松島を訪れた-との想定で訓練に参加した大学生らが400人分の炊き出しをサポート
訓練に参加した大学生らが炊き出しをサポート

【2018年6月24日(日)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)