川柳(6/23掲載)

俳句

【水戸一志 選/評】

◎水中花とは、コップなどガラス容器の水に造花を入れて観賞する納涼グッズを言う。一方で、清流の中で咲く梅花藻(ばいかも)のような生きた水中花もある。句は後者。小刻みに揺れる姿を「逆らわず」とは、作者の人生観であろう。

===

 スポーツの映画をしのぐキャスティング  (仙台市宮城野区・大山章宏)

 注意から小言に変わる妻の癖  (東松島市矢本・奥田和衛)

 石巻ハワイ絆の海の民  (岩沼市土ケ崎・遠藤正之)

 チコちゃんに叱ってほしい人がいる  (石巻市鹿又・遠藤錬治)

 仮宅を整理する音弾まない  (東松島市矢本・鈴木はつへ)

 身をもって老後の沙汰も金次第  (石巻市南中里・大山育子)

 老いの良さ発見してはメモにとる  (石巻市渡波町・小林照子)

◎逆らわず揺れて川藻の水中花  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

【2018年6月23日(土)石巻かほく掲載】

■作品を募集中/短歌、俳句、川柳を明記

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください