イシモチも釣れ始める(6/14掲載)

釣り場情報

■毎週木曜掲載

【石巻湾】

 石巻市の旧北上川河口周辺は、投げ釣りで20~30センチのイシモチが釣れ始めてきた。

 中瀬から石巻大橋上流にかけてはセイゴとスズキの釣果があったが、ともに天候や潮の状況によって餌の食い方に違いが出る。

 牡鹿半島はソイ、アイナメ、マコガレイが釣れる。夜はアナゴとメバルも狙える。

 大曲から石巻港にかけてはイシモチ、セッパ、マゴチのほか、まれにヒラメの釣果も。ルアー釣りもシーズンを楽しめる

=石巻市・田代釣具店0225(22)3242

 【女川・牡鹿】

 寺間・塚浜周辺は、船で1隻当たり20~35センチのカレイが30~40匹。アイナメも数匹釣れ、ナメタガレイが交じる時もある。別の船では寺間周辺でヒラメが1~5匹。浅場にいるようで、餌のイワシを泳がせて、1本針で釣るのがお薦め。アイナメとソイも釣れた。

 女川湾内の岸釣りは、小型のサバが釣れたほか、まだ小型のメバルも楽しめ、サビキでも餌釣りでも釣れる。アイナメはちょい投げが良い

=女川町・佐々木釣具店090(6686)7811

【2018年6月14日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください