2018/05/30 防災を考えるイベント「はてぃ・はてぃ・じゃらん」

ミニカメラリポート

災害に備え住民活動
「はてぃ・はてぃ・じゃらん」
東松島

 防災を考えるイベント「はてぃ・はてぃ・じゃらん」が先日、東松島市野蒜ケ丘で開かれた。森のウオーキングや、炊き出し訓練を兼ねたおにぎり作りなどを通して、住民同士が交流を深め、災害への備えに意識を高めた。

■ 宮野森小4年生15人と参加者が学校裏の「復興の森」を散策。展望台でひと休み
「復興の森」を散策し、展望台でひと休み
■ ビニール袋を活用した、手を汚さないおにぎりの作り方を学ぶ参加者。災害時は避難者が主体的に避難所運営に取り組むことを確認した
ビニール袋を活用した、手を汚さないおにぎりの作り方
■ 外国人への高台避難の呼び掛け方を学習。4カ国語で「高い所」「逃げて」などと掛け声を掛けながら、音楽に乗せて体を動かした
外国人への高台避難の呼び掛け方を学習

【2018年6月9日(土)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)